筋肉活動36:鍛える手段と方法

こんにちわ、岩田です

 

トレーニングする時は「これ」と、する種目等決めていませんか?

もちろん考えたメニューを毎日ころころ変えるというのはオススメしません。

だいたい数か月周期同じメニューを繰り返します。

同じ種目でパワーアップしてきたなら、重量を上げたり、セット数を増やしたりします。

ですが、最初からこの種目じゃないとダメという決まりはありません。

 

例えば「アームカール

 

20120904134454

 

二頭筋を鍛える、ど定番のトレーニング方法です。

男女ともにほとんどの方がこれがトレーニング!

というイメージが浮かび上がっているのではないでしょうか?

しかし、このトレーニングはダンベルを使わないと出来ないのか?

違います

 

img285cd221zikazj→ チューブを使った二頭筋を鍛えるやり方。

 

使う器具が違えど、肘が支点となる腕の曲げ伸ばし運動は=「アームカール」なんです!!

ダンベルじゃないとダメ、軽いチューブはダメではないんです(笑)

これが、先入観のままでトレーニングをしている人に多い間違いです

トレーニングにおいてダメ絶対はありません。

何百、何万通りのやり方が存在します!!

 

なので、

 

 

↑私はこのやり方で!!!

アームカールは、

ダンベルを使えば名前は「ダンベルカール」と呼ばれています。

チューブを使うから「チューブカール

 

人間だから?「ヒューマンカール」!!

※勝手に名前をつけました(笑)

妹の子供と遊びながらのながら筋トレ

 

決められたやり方はないので、どんな方法でもかまいません

「これしか鍛えられない」というのはないんです!!

一度、固定観念を捨てて、様々なやり方に挑戦してみませんか?

 

http://www.facebook.com/palportota/