練習後のトレーニング

こんにちは、三浦です

 

選手コース中高生の一部の選手が、練習後に自主的に集まってトレーニングをしています

 

トレーニング内容は、練習前にはできない「スイムベンチ」と言う器具を使ってのストローク技能の向上とパワーアップを目的にしています

 

DSC_0001_BURST20190411211241776DSC_0002_BURST20190411211241776DSC_0003_BURST20190411211241776DSC_0004_BURST20190411211241776DSC_0005_BURST20190411211241776DSC_0006_BURST20190411211241776DSC_0007_BURST20190411211241776DSC_0008_BURST20190411211241776

F.ヨウスケくん

スタートのポジションで、腕が曲がった状態にあるので、しっかり伸ばしてキャッチの形を作ることが必要です。

 

DSC_0000_BURST20190411211037929DSC_0001_BURST20190411211037929DSC_0002_BURST20190411211037929DSC_0003_BURST20190411211037929DSC_0004_BURST20190411211037929DSC_0005_BURST20190411211037929DSC_0006_BURST20190411211037929DSC_0007_BURST20190411211037929

T.ヨウスケくん

キャッチポイントを作った後、肘を引いてしまうので、肘を残して腕を後方へ伸ばしていくようにしたいです。

 

DSC_0000_BURST20190411210703289DSC_0001_BURST20190411210703289DSC_0002_BURST20190411210703289DSC_0003_BURST20190411210703289DSC_0004_BURST20190411210703289DSC_0005_BURST20190411210703289DSC_0006_BURST20190411210703289DSC_0007_BURST20190411210703289

コウスケくん

3人の中で、ストローク動作は一番良いですが、身体が反ってしまい、腹圧を入れることを意識した方がよいです。

 

このように、同じ器具を使ってトレーニングしても、注意するポイントは個々に違います。

 

せっかく残っているので、より効果のあるトレーニングを行い、より高い記録で泳げるように頑張ろう

 

DSCPDC_0000_BURST20190411210351669DSCPDC_0001_BURST20190411210351669DSCPDC_0002_BURST20190411210351669DSCPDC_0003_BURST20190411210351669_COVER

遊んでいては勿体ないよ